月刊『婦人之友』に世界の子ども連載中

■口絵「遊べやすずめ」
月刊『婦人之友』(婦人之友社)2017年1月号~
d0074731_17142776.jpg

1903年に創刊された『婦人之友』は、今年で114年目となる雑誌。『中央公論』『週刊東洋経済』に次ぐご長寿雑誌です。創刊者は、女性初の日本人ジャーナリスト、羽仁もと子さんとご主人の吉一氏。
連載が始まると多くの知り合いから連絡が入り、その反響の大きさに驚いています。元看護婦長、女性編集者、北海道の新聞記者等々、長きにわたり定期購読しているという方も多く、温かな励ましの声に嬉しい年末年始となりました。身近なところでは、義理の母が婦人之友社の「主婦日記」を長年愛用していること、「全国友の会」に入っていたことを初めて知りました。お正月には結婚後の自分の人生が全て書き込まれているという、「主婦日記」を奥の部屋から出してきて見せてくれました。ご長寿雑誌のすごさを改めて感じる日々です。
連載タイトルの「遊べやすすめ」は、たくさん挙がったという候補の中から編集者の方が選んでくださったもので、私も大変気に入っています。雑誌の歴史の重みをかみしめながら、毎号、全力を尽くしたいと思っています。
d0074731_17172627.jpgd0074731_1717570.jpg
婦人之友社http://www.fujinnotomo.co.jp/
[PR]
# by sanaka-okamoto | 2017-01-20 17:28

哲学者・内山節さんの写真を婦人之友に。

『婦人之友』8月号のエッセイ「私のゆっくりな日」で、哲学者・内山節さんの写真をお使いいただいたご縁で、今年から世界の子どもたちの遊びをテーマに連載をスタートさせていただくことになりました。
d0074731_16523637.jpg

[PR]
# by sanaka-okamoto | 2017-01-20 16:53

撮影でお世話になりました

■グラビア「恋農」 石川弥生さん〈横浜〉
月刊『地上』(家の光協会)2017年1月号
d0074731_18365243.jpg

■特集「土から生まれる」 左官・挟土(はさど)周平さん〈高山〉
月刊『家の光』(家の光協会)2017年2月号
d0074731_18371312.jpg
d0074731_18373220.jpg
[PR]
# by sanaka-okamoto | 2017-01-20 16:02

「食べる生きる」グアテマラの子ども 毎日小学生新聞 2016年11月7日、8日、9日

d0074731_11185717.jpg
国民の約54%が1日130円以下で生活し、
5歳未満の子どもの4人に1人が「発育阻害」
のおそれがあるグアテマラの栄養事情を、
11月20日「世界の子どもの日」に合わせて
1、2面で3回にわたり掲載していただいた。
[PR]
# by sanaka-okamoto | 2016-12-28 13:23

後継neo「番台の居心地」 銭湯経営・田村祐一さん 月刊『地上』(家の光協会)2017年1月号

1965年には2600軒あった東京都の銭湯が2015年には630軒まで激減。
「風に吹かれるまま、なんとなく家業に入った。やがて銭湯の4代目は、成り行きで廃業寸前の店舗を任されることになった。日々小さな番台でなにを見ているのか」(リード文より)
d0074731_1259141.jpgd0074731_12585925.jpg
「少しでもいいから、お客様の幸せをつくる。ぼくら商売人は、まずはそこから考えたい」と田村さん。
[PR]
# by sanaka-okamoto | 2016-12-28 13:02

後継neo「ぬしの針路」 工芸家・デザイナー・竹俣圭清さん 月刊『地上』(家の光協会)2017年10月号

1949年から国会議員の氏名標や木札の制作、塗り替えを請け負っている「ぬしさ製作所」。3代目の竹俣瑛二さんの後継者、圭清さんを撮影させていただきました。
d0074731_1248573.jpgd0074731_12483210.jpg
「東京の下町の小さな工房で守り継がれてきた伝統の江戸漆器。ものづくりに魅了された4代目の後継者は、おのが信じる道を歩み始めていた」
(リード文より)
「伝統を守るだけでもなく、新しいもの追い求めていくだけでもない。キーワードは『ハイブリット』」と圭清さん。
文:作家の島村菜津さん
[PR]
# by sanaka-okamoto | 2016-12-28 12:51

念願の東京に5番目の「故郷の家」

2016年度のカレンダーに世界の子どもたちの写真を使っていただいた
d0074731_12335220.jpg

社会福祉法人「故郷の家」の老人ホームが東京に開設となり、10月23日の竣工式に参加した。在日外国人が増え続ける中、これからは国家、民族、文化の異なる高齢者が共に生きる老人ホームが日本にも必要だと語る尹基(ユンキ)理事長。理事長は多文化が共生できる老人ホーム作りを目指してきた。竣工式には野中広務元幹事長、故金大中元大統領夫人の李姫鎬(イ・ヒホ)女史も駆けつけ祝辞を述べられた。「日韓の親孝行文化」に関する興味深い記念講演も開かれた
d0074731_12342040.jpg

d0074731_12315861.jpg
[PR]
# by sanaka-okamoto | 2016-12-28 12:36

「発育阻害の子どもたちを減らしたい」(グアテマラ) 月刊『ちゃぐりん』(家の光協会)2016年11月号

5歳未満の子どもたちの4人に1人が、栄養不足が原因で体や脳に発達のおくれが生じるおそれがある「発育阻害」と呼ばれる状態だといわれます。そんな発育阻害の子どもたちが多くいるグアテマラの現状を見てみましょう。(リード文より)
d0074731_11193069.jpgd0074731_1119887.jpg
先住民であるマヤ人の住む農村には貧困家庭が多く、マヤ人の子どもの70パーセントは、栄養不良が原因とみられる発育障害を抱えていた。グアテマラ共和国でのユニセフの取り組みも報告。
[PR]
# by sanaka-okamoto | 2016-12-28 11:23

「学びが親子を救う」(グアテマラ) 月刊『家の光』(家の光協会)2016年11月号

「マヤ遺跡やコーヒー豆の産地として知られる中米の国、グアテマラ共和国、貧富の差が激しく、多くの人々が慢性的な栄養不足にさらされています。とくにその影響が心身の発達に関わりやすい生後2歳までの子どもたちを救おうと、母親と子どもを対象にした「食育」の輪が広がっています。ユニセフ・アジア親善大使のアグネス・チャンさんが、現地を訪ねました」(リード文より)。
d0074731_1133234.jpg

[PR]
# by sanaka-okamoto | 2016-12-28 11:04

シリーズ郷童49「地蔵盆」 季刊『のらのら』(農文協)2016年冬号

道端や街角で見かける地蔵さまは、子どもたちが元気に育つよう無病息災を願って古くから信仰されてきた神様。d0074731_10461249.jpg小さな街に37箇所もの地蔵が立つ高槻市富田地区を取材した。地蔵盆は本来、子ども中心の祭りだが、少子化などにより現在は子どもの参加が少なく、主に高齢者の手で守られているという。伝統行事の継承が心配される中、富田地区では地蔵さまを巡るスタンプラリーなどで子どもたちの参加を呼びかけていた。清蓮寺では「ナンマイダ、ナンマイダ、この良き子ども達が健やかに育ちますように、お地蔵さまよろしくお願いいたします」と住職が唱える声に合わせて数珠繰りをする親子に出会った。「最近、若いお母さんが参加してくれることが嬉しい」と住職は目を細めていた。
[PR]
# by sanaka-okamoto | 2016-12-28 10:50