<   2015年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

教育新聞「円卓」コラムに掲載されました。

d0074731_112939.jpg
「むがす、むがす、こんなことがあったとさ・・・」
布団に入ると、祖母のむかし話が始まる。その話には、祖母の今は亡き知人や祖先がよく登場した。話の舞台も、田んぼ、裏山、小川、お墓など、子どもだった私の行動範囲内の場所がほとんどだった。もともとは古くから伝わるむかし話だったのかもしれないが、おそらく祖母の創作がかなり加えられていたように思う。東北の農村で生まれ育った私には、祖母のむかし話と豊かな自然はとても身近な存在だった。
むかし話の主な題材は、人の営み、人と自然との関わりで、その大半が怖い話だった。昔の農村の夜はとても暗かったし、小心者だったので、私は恐怖で固まってしまう。そんな私を前に、祖母は決まって「だから気をつけろ」「だからそこには近づくの言葉で話を結んだ。地域社会の中で生きるための掟を教えようとしていたのだろうか・・・。
むかし話とふるさとの自然は、私の五感をおおいに刺激したに違いない。私が数多ある中から、自分の作品のテーマとして選んだものの原点も、結局、そこにあった。「君は農村に行くと、元気な顔になって戻ってくるね。またどこかで、ふるさとを見つけたのかい?」と言われたことがある。確かに時々、かつてのふるさとの姿を探している自分に気づくことがある。
昼時、ラジオから古関裕而氏作曲のNHK「ひるのいこい」のテーマソングが流れると、仕事中でもつい耳をそばだててしまう。全国の「ふるさと通信員」(現「聴取者」)からの便りを聞くと、子ども時代のさまざまなシーンが脳裏に浮かんでくる。農村に行かなくても、ふるさとの色や音、匂い、感触などの記憶が、まざまざと蘇ってくるのだ。それは、祖母のむかし話を聴きながら想像で頭をいっぱいにしていたときの状況に少し似ているかもしれない。
お便りの朗読が終わると、「ばーさま」の声が聞こえてくるような気がする・・・「自然を甘くみるな」「掟は破るな」。
(岡本央)
[PR]
by sanaka-okamoto | 2015-03-11 13:10

京劇大好き 大島陸くん『ちゃぐりん』(家の光)こころの音色。

 アクションスターを夢見ていた少年が、ある時、京劇に心奪われ、
昨年、中国で権威のある京劇コンクール「中国児童戯曲梅花賞」に出場。
見事金賞に輝き、中国で話題の人となりました。
折しも日中関係に暗雲たちこめる中での出場でしたが、
そんな不安を一気に吹き飛ばすような大きな拍手が
陸君を包みこんだそうです。d0074731_1117188.jpg
大会に出てたくさんの中国人の友達もできたという陸君。
 彼の先生は京劇一家に生まれた張春祥さん。
日本で立ち上げた京劇団「新潮劇院」の代表です。
中国の伝統芸能に日本の少年が挑戦し、厳しい稽古にも耐え、
がんばってくれていることが嬉しいと張さん。
「京劇で日本と中国の子どもたちが仲良くなること」を願っている
中国人の師と日本人の弟子の言葉に、日中両国の明るい未来を感じました。
[PR]
by sanaka-okamoto | 2015-03-08 11:21

谷充代さんの著書『高倉健という生き方』(新潮新書)が刊行

ライターとして30年近く高倉健さんと
交流のあった谷さんの文章から、
健さんの魅力的な素顔が見てきました
d0074731_14629.jpg
谷さんにはテレビ番組出演の時、
大変お世話になりました。
拙書『里山っ子』にも「ファンですよ」と
励ましのお言葉をいただきました。
[PR]
by sanaka-okamoto | 2015-03-06 01:47

『地上』(家の光協会)3月号グラビアで奇祭「あらい祭り」

 神社の宮司に子ども達が輪切りにした大根を思い切り投げつける。宮司にあたらないよう大人がゴザをもって防御する・・・d0074731_1362161.jpg
宮司は本来敬うべき人なのに、物を投げつけるとはやはり奇祭です。「五穀豊穣」「無病息災」「子孫繁栄」を願う祭りで、大根を投げられるということは、子ども達が元気で健康な証。彼らが元気であることが村の繁栄につながっていく・・・。少子化で祭りの存続が危ぶまれているそうです。この奇祭が行われているのは千葉県芝山町。「三里塚闘争」の拠点の地だったことを思い出しました。
[PR]
by sanaka-okamoto | 2015-03-06 01:38

練馬大根に挑戦『のらのら』(農文協)連載「郷童」42回 


「練馬大根」は全国的に知られたブランド名ですが、その実物を見たことのない人が多いのではないでしょうか。長さは約70~100cmほどにもなり、首と下部が細く、中央部分が太いので、引き抜く際、かなりの力が必要になるのです。d0074731_1301653.jpg
昭和30年代までは生産されていましたが、都市化による農地の減少と収穫の面倒さから、練馬の畑からその姿が消えていきました。ところが最近、江戸野菜が見直されるようになり、地域を上げて復活に取り組むようになったそうです。栽培した大根で沢庵作りに挑戦する子ども達を「郷童」で紹介しました。
[PR]
by sanaka-okamoto | 2015-03-06 01:33

内山節著作集11『子どもたちの時間』と5『自然と労働』が刊行(農文協)

「子どもたちの時間」~表紙カバーより抜粋~
子どもたちはなぜ「人生の経営者」になったのか私はふっと、
日本のかっての山村の姿に思いをよせるのです。          
自然と関係を結び、村の暮らしと関係を結びながら、
自然や村と共同で時間世界を創造し、
この関係のなかでの自分の役割をこなすことによって、
小さな「大人」として存在していた村の子どもたちの姿をです(第五章より)
d0074731_12333.jpg
『子どもたちの時間』は、子どもを撮影している私にとって必読書です。じっくり読ませていただきます。

『自然と労働』d0074731_123995.jpg~表紙カバーより抜粋~
「人はなぜヤドカリのようにひたむきに生きられないのか」   
私が現代について考えるとき底にあるものは、
人間の生きる意味が稀薄になっている時代としてのいまである。
生きる目的が、ではない。毎日自分が生きるというそのことのなかに、
まるで寂しさが襲ってくるように無意味感がただよってしまう(第一章より)
d0074731_1111403.jpg
 
内山さんの自宅。上野村での昨年の餅つき大会には残念ながら参加できませんでした。
内山さんの記事。佐賀新聞、読売新聞で写真を使っていただきました。
[PR]
by sanaka-okamoto | 2015-03-06 01:27

吉野作造記念館戦後70周年記念展「岡本央が見てきた中国展」

   

d0074731_17263166.jpg
吉野作造記念館 戦後70周年記念展
   写真家・「岡本央が見てきた中国」
   期間:平成27年3月29日(日)—4月26日(日)
   場所:吉野作造記念館・企画展示室
     (宮城県大崎市古川福沼1−2−3)

   主催:岡本央展実行委員会
   共催:吉野作造記念館
   後援:(公社)日中友好協会、日本中国文化交流協会、大崎市、大崎市教育委員会、(株)テムジン(番組制作会社)

<企画趣旨>
政治学者で大正デモクラシーの旗手・吉野作造は、ジャーナリストとしても卓抜した存在だった。明治39年から3年にわたり中国に滞在。中国の近代化、民主化にも強い関心を寄せ、建国の父・孫文との交流もあった。
 当記念館では戦後70年を記念し、また膠着状態が長らく続いている現在の日中関係の在り方を考える機会提供を目的に、長年中国を撮り続けてきた写真家・岡本央(さなか)の見てきた中国を、写真と各紙誌掲載記事を通して紹介する。
 これまで岡本は、中国の子どもたちを撮った一連のシリーズ「ニイハオ小朋友(シャオポンヨウ)」を中心に写真展を開催してきたが、今回の記念展では中国へ出かけるそもそものきっかけとなった中国残留孤児・婦人問題をはじめ、  中国各地の少数民族の生活と文化、「タクラマカン砂漠」「黄土高原」の環境問題、「水滸伝」「三国志」の舞台を巡る旅など、中国にまつわる様々なテーマと向き合い、感じ、考えたことも写真と合わせて展示していく。
今、岡本が願うのは日中の民間交流の発展と、一日も早い両国の関係改善だという。日中間の深いレベルでの相互理解を望み、中国の近代化・民主化へ惜しみなく支援を続けた吉野作造も今生きていたら岡本と同じ事を望んでいただろう。              
「実行委員会」
[PR]
by sanaka-okamoto | 2015-03-05 17:41

吉野作造記念館戦後70周年記念展。「岡本央が見てきた中国展」

タイトル「岡本央の見てきた
[PR]
by sanaka-okamoto | 2015-03-05 17:24

吉野作造記念館で岡本央展 

やっとチラシが上がりました。
3月29日(日)〜4月26日(日)約1ヶ月間です。
写真右は「北京の入学式」左は「ハルビンでの残留婦人」
2点作成してみました。
展覧会にどちらが良いかこれから決定です。
d0074731_1721923.jpgd0074731_1715842.jpg
今回は写真だけでなく、
いままでの掲載誌も展示。
昔のものを取り出すのにひと苦労しています。
[PR]
by sanaka-okamoto | 2015-03-05 17:19