<   2015年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

戦争をどう受け継いでいくか。原爆を描く。

教育新聞。「円卓」コラム

毎年、子どもたちが描いた原爆をテーマにした絵が1作ずつ生まれている。今年も模造紙48枚を繋ぎ、縦6メートル、横8メートルの大キャンバスと子どもたちは向き合った。墨で描かれたその絵に近づき目を凝らすと、どこもかしこも、子どもたちの力強いメッセージで埋め尽くされていた。
怖いという気持ちと闘いながら、被爆者から聞いた川に浮かぶ無数の死体の話を思い出し、その光景を想像し、絵として再現したのは、原爆の恐ろしさを多くの人に伝えたかったからだという。キノコ雲のそばに描かれた飛び立とうとする鳥の絵には「人間の命だけでなく、生命あるものすべてを原爆が奪った」というメッセージが、11時2分を指し示すゆがんだ針の時計の絵には「長崎に原爆が落とされた日時を知らない人が多いから、いつまでも忘れてほしくない」という願いが込められているという。d0074731_1645874.jpg
この絵を描いているのは、長崎市立銭座小学校の6年生だ。入学時から続けてきた平和学習の集大成が、この絵画制作なのだ。数年前からは原爆に加え、子どもたちが考える平和のイメージも絵に描かれるようになった。手を繋ぐ家族、地球を包む虹…。原爆に関する資料はたくさんある。被爆者から直接話を聞く機会も多い。しかしそれだけで、被爆者の悲しみ、苦しみ、痛みを受け止めたことになるのか。作品制作という創造過程を取り入れることで、真剣に想像し、他人ごとではなく自分のこととして考える時間を設けたほうがいいのではないか。この取り組みの背景には、歴代校長たちの「被爆校である私たちの学校が原爆について語らずして誰が語るのか」という力強い信念がある。
来年は終戦70年。戦争体験者の多くが亡くなり、数少ない戦争の生き証人たちも、そのほとんどが核家族化により孫や曾孫と同居していないと思われる。家庭で戦争や平和について語り合う機会は減る一方だ。戦争の悲惨さを誰がどうやって伝えていくのか。近年、修学旅行で広島や長崎を訪れる学校は激減しているというが、この問題解決において、学校教育に頼るところはやはり大きいのではないかと思う。
絵の取り組みについては「サンデー毎日」「週間金曜日」「ちゃぐりん」に掲載してきました。
[PR]
by sanaka-okamoto | 2015-01-05 20:43

郷童(さとわらべ)教育新聞。円卓コラム

d0074731_16215942.jpg私は長年、「郷童」(さとわらべ)というシリーズタイトルで日本の子どもたちを撮り続けている。子どもたちが生まれ、今、暮らしている、彼らが将来“故郷”と呼ぶことになる地。「郷童」とは、故郷の自然や風土の中で遊び、学び、お手伝いをする子どもたちのことだ。自然遊びをしたり家業を手伝ったりする子どもの姿が消えていく中、記録を残したいと心底思ってから、約30年になる。
山、野、川、海・・。様々な色、音、におい、味、感触を持つ自然とその恵みに囲まれ、子どもたちは豊かな表情を見せてくれた。自然だけではない。「郷」は、歴史、産業、先祖の知恵など、彼らに多くの気付きを与える素材の宝庫だった。本来は家庭や地域社会の中で伝えられていくべき地元の産業や食文化、伝統行事のはずが、その撮影を学校で行う機会が増えている。総合教育が「郷」の伝統を守る役割を担うようになったのだ。ところが、この総合教育も廃止に。加えて市町村合併による郷への愛着の薄れ、インターネットの普及による飛躍的なグローバル化。「郷」は、いったいどうなってしまうのか。私は高校まで、自分が生まれた地域の中だけで生きていた。だから、初の都会暮らしも、初の海外取材も、実に刺激的だったけれど、撮影テーマの根本部分で、いつも「郷」が顔を覗かせる。また、都会の喧騒の中で故郷の唄を耳にし、取材先の田んぼで稲穂の匂いをかぎ、異国の地で懐かしい風景に出会い、何度心癒され、どれだけ勇気をもらったことか。「郷」は、生きる上での原点なのだ。
機会は減ったとはいえ、今も「郷童」との出会いは続いている。岡山県津山の山奥にある農家で出会った小学生の姉弟。姉は毎日子牛にミルクを与えているうちに、僅かな異変で牛の病気を見抜くまでになった。弟は畑作業を手伝ううちに、興味が料理へと広がり、今や食材の違いを見抜く鋭い舌で大人を唸らせている。彼らの故郷は限界集落と呼ばれているが、そこで彼らは多くを学び、才能に磨きをかけていた。
東京の新興住宅地にも郷童はいた。総合教育で始めたコメづくりを引き継いだお母さんたちが、田んぼという「郷」を築いたのだ。進学などでこの地を離れた子どもたちが、ふらりと稲の様子を見にやって来るという。
思い出に満ちた故郷。いつでも迎え入れてくれる故郷。「郷童」――なんと温かく幸せな響きだろう。
[PR]
by sanaka-okamoto | 2015-01-05 20:11

お世話になってきた方々が昨年、すばらしい本を上梓されましたので、紹介させていただきます。書籍1

●ハーシー鴨乃さん
「かくれて生きよう」
(悟空出版)
全国を旅して出合った猫の写真と心に響く言葉で構成された1冊。
心が折れそうなとき、大事なものを見失いそうなとき、d0074731_1334335.jpg
腹が立って仕方がないとき、恋とか愛に悩んじゃったとき、
誰かを信じられなくなったとき、などの章に分かれています。
猫たちの表情、感情をとらえた魅力的な写真はもちろん。
写真に添えられた著者の文章、著名人の名言・格言、
四文字熟語にも心がひかれる本でした。
(農業ジャーナリストでもあるハーシーさんには
「ゼロからでもできる農業のススメ」という著書もあります。
農業の取材で、いつもお世話になっています)

●齊藤健一郎さん
「5アンペア生活をやってみた」
(岩波書店)
東日本大震災後、できる限り電気を使わない生活を
しようと決意した齊藤さんが始めた「5アンペア生活」。
5アンペアでは、エアコンも電子レンジも使えない。d0074731_1204897.jpg
普通の生活に欠かせなかった身の周りに溢れる電化製品。
それらを使わずに生活する術を試行錯誤する中で齊藤さん
が見出した、真の豊かさとは?
(齊藤健一郎さんとは、彼がテレビ番組を制作していた
ころに知り合いました。当時彼は、世界の辺境の地や戦場などで、
体を張って仕事をしていました。現在は新聞社で働く
齊藤さんですが、この本からは、当時と変わらぬ彼の仕事ぶりが
うかがえました。齊藤さんには、写真展
「ニイハオシャポンヨウ」でも大変お世話になりました)
[PR]
by sanaka-okamoto | 2015-01-05 12:05

書籍2

●山上浩二郎さん
「検証大学改革」
(岩波書店)
大学は、グローバル化や少子化の影響、財政難などで、
近年、各種改革の必要に迫られていますが、「改革疲れ」
との声も聞かれる中、本当の意味で大学は変わることがd0074731_2203590.jpg
できるのか・・。大学関係者をはじめ、様々な人たちの
声を盛り込みつつ、大学の今後を考える1冊。教育問題
において鋭い視点で記事を発表し続けた山上さん。
この本は、山上さんの遺稿となりました。
(山上浩二朗さんとは、山上さんが朝日新聞に入社して
以来のお付き合いでした。横浜支局、青森支局、大阪本社と
異動されても、その先々でお目にかかっていました。
亡くなられる数週間前、汐留の喫茶店でお会いしたときには、
この本の原稿を渡してきたところだとおっしゃっていました。
私がライフワークとしている子どもの写真における
最高のアドバイザーであり、大切な友人だった山上さん。
亡くなられて2年経ってもまだ、「今、どうしてる? 久しぶりに
会おうか」と携帯に電話がかかってくるような気がしてなりません)
[PR]
by sanaka-okamoto | 2015-01-05 02:25

書籍3

●アグネス・チャンさん
「わたしもぼくも地球人」
(岩波書店)
東日本大震災の被災地に何度も足を運び、
子どもや高齢者と時間を共にしたり、d0074731_213661.jpg
様々な困難を抱えて苦しむ世界各国の
人たちを訪ねたり。自身の目で現実を見て、
本当に必要なところに必要な援助を
届けてきたアグネス・チャンさん。
そんな彼女が、近隣諸国
との摩擦など多くの問題に直面する
現在の日本をどう見ているのか、
どうあってほしいと願っているかなどが
綴られた1冊です。
〔一昨年、アグネス・チャンさんのユニセフの
活動に同行し、「幸せの国ブータン」(東京書籍)を
共著させていただきました〕

●齊藤道子さん
「メードインどこ? 食べものと飲みもの」
(大月書店)
例えば、スーパーの野菜コーナーで商品の産地表示を
見ると、世界各国から輸入されていることがわかります。d0074731_26991.jpg
国産のお菓子でも、その材料の大半が海外のものだったり
・・・。食べ物をはじめ、家庭や学校などでよく使われて
いるものを取り上げ、それらがどこの国からやって来たの
かを調べ、わかりやすく解説しています。
〔齊藤道子さんとは、共に木更津の里山に3年間通って、
里山でたくましく成長していく子どもたちの姿を
「里山っ子たちが行く」(農文協)という本にまとめました〕

●麻生晴一郎さん
「変わる中国『草の根』の現場を訪ねて」
(潮出版社)
私たちのもとには伝わってきていない中国の人たちの
“声”。隣国、中国の知られざる側面をレポートして
います。この本は、第1回潮アジア・太平洋ノンフィ
クションを受賞。
d0074731_2121236.jpg
麻生さんは他にも「こころ熱く無骨でうざったい中国」
「北京芸術村抵抗と自由の日々」「反日、暴動、バブル、
新聞、テレビが報じない中国」など。たくさんの本を
出版されています。また、中国・民間NGOの市民活動家
を招いての日中市民交流活動にも積極的に取り組んでいます。
(麻生晴一郎さんには、中国関係の仕事において様々な
アドバイスをいただいています。私の本を書評で取り上げて
もいただきました。
何度か麻生さんの講演会にお邪魔しましたが、いつも大盛況です)
[PR]
by sanaka-okamoto | 2015-01-05 02:18

原爆を描く。ちゃぐりん11月号「心の音色」に掲載

d0074731_16314851.jpgd0074731_16313412.jpg原爆の絵「火のトンネル」を描き続けている長崎市立銭座小学校の取り組みを今年も取材してきました。これまでも『サンデー毎日』や『週刊金曜日』などに掲載してきました。今回は被爆者の方や、この取り組みの一期生のその後も取材しました。「火のトンネル」を立ち上げた先生とも東京でお会いしました。この絵は高く評価され、「子ども達のゲルニカ」と呼ぶ人たちもいます。今回は『ちゃぐりん』(家の光協会)、『教育新聞』(教育新聞社)のコラム「円卓」に掲載させていただきました。
[PR]
by sanaka-okamoto | 2015-01-01 22:22

木更津土曜学校

木更津の土曜学校には今年も何度もお邪魔しました。子どもの限りない可能性を引き出していく豊かな環境と、強い信念を持った宮﨑栄樹先生は、土曜授業の再開を望む声が高まっている中、朝日新聞のオピニオン覧「耕論」で、土曜日がほとんど有効活用できていないうちに結論を下すことに疑問を呈する意見を述べています。
[PR]
by sanaka-okamoto | 2015-01-01 00:51

日本各地の自然と子ども達。農協観光「ふれあい」に連載

 農協観光のPR誌「ふれあい」の裏表紙に連載がはじまりました。
 タイトルは「緑をつなぎ、笑顔をつなぎ、未来につなぐ。
 毎回、日本各地の郷童たちが登場します。
d0074731_1652556.jpg
奄美大島の海岸で、
浜遊びに没頭する少女たちと出会った。
小さな廃船に乗っかったり
小石や流木を拾い集めたり。
やがてどこで見つけたのか、
長い棒を手にして、チャンバラごっこを始めた。
あたりに響く「エイ、ヤー」のかけ声。
洋服がびしょ濡れになろうが、おかまいなし。
島の少女はたくましい。
それにしても、自然と向き合うのは
やっぱりブァーチャルでなく、リアルがいい。
d0074731_16523026.jpg
●ドジョウやザリガニ、ゲンゴロウ、フナにメダカにオタマジャクシ。
田んぼの脇の用水路は、生き物たちの楽園だ。
そこは、子どもたちにとっても、特別な場所。
初夏の庄内平野。
小川で一心不乱に魚を探す兄弟と出会った。
「ヤゴだ ! 大きいな。オニヤンマの幼虫だぞ」
兄が捕まえたヤゴを、腕にのせ、
弟は、いつまでも、うれしそうに眺めている。
兄弟が、このヤゴをその後どうしたかは、知らない。
だけどきっと、夏の空をぐんぐん力強く飛ぶオニヤンマの
かっこうよさを知っている彼らだから、
川に帰してあげたに違いない

d0074731_16502364.jpg
ショウガの生産地として知られる熊本県の山村。
収穫真っ最中の畑に、元気な姉妹の姿があった。
農作業に忙しい両親や祖母の横で、
ショウガを入れるかごの中に入ったり、
祖母に色んな話をせがんだりと、
畑遊びに夢中だ。
茎を切ったり、泥を払ったりと、
もちろん、お手伝いも少しはする。
だけど一番の楽しみは、お父さんが運転する
耕うん機にのせてもらうこと。
子どもの明るい声が響く畑は、やっぱりいいな。
[PR]
by sanaka-okamoto | 2015-01-01 00:36