●月刊「地上」12月号(家の光協会)後継neoは「うなぎ料理」

d0074731_15484862.jpg
「後継neo」の9回目は、千葉県成田市のうなぎ料理店「駿河屋」7代目、木下塁さんです。
成田山の山道で200年続いた家業の旅館を、うなぎ料理専門店に変えた7代目。果敢な改革に挑戦した木下さんを取材させていただきました。

うなぎのさばきから、串刺し、焼きと、もくもくと働く職人の様子が通りからも見えます。立ち止まってその仕事ぶりを見つめる観光客の中には、外国人の姿も。冷凍ではない質の良いうなぎを食べたいという客で、店は平日にもかかわらず大変賑わっていました。

うなぎの資源問題や職人不足などの問題を抱えながらも、木下さんは日本の伝統食文化である「うなぎ料理」を守り通していく、と力強く語っていました。若い職人も多く、木下さんのあつい思いは、彼らにも確実に引き継がれていくことと思います。
[PR]
by sanaka-okamoto | 2017-12-19 15:51
<< 木更津子どもまつり「行商」 古川へ >>