国際協力機構(JICA)広報誌「mundi」6月号 地球ギャラリーに掲載 【グアテマラ】砕けた虹を抱いて

 グアテマラの総人口はおよそ1600万人。現在、アメリカで働くグアテマラ人は約150万人。国民のおおかた10人に一人がアメリカで働いていることになる。
アメリカで働くことを夢見た若者の中には、正式な手続きを経ずにメキシコ経由で入国し、不法移民となる者が今もあとを絶たないという。
貧困に苦しんでいるのは、マヤ系先住民たち。スペインによる植民地時代に自分たちの土地を奪われ、安い賃金での重労働を強いられてきた人たちだ。支配を脱しスペインから独立した後も、資産家を優遇する国の制度は変わらず、大地主が所有する祖国の農園で労働者として働くか、出稼ぎ労働者として異国で働くかしか選択肢はなかった。貧困家庭の家計の大半を支えているのが、海外へ出稼ぎに出た家族からの仕送りなのだ。アメリカのトランプ大統領による厳格な移民政策でもっとも窮地に追い込まれてしまうのは、グアテマラの貧困層なのかもしれない。
d0074731_18421712.jpg

マヤ系先住民の農村を訪ね、その暮らしを見せていただいた際、仕送りで家族を助けてくれた夫がアメリカで亡くなり、途方に暮れている親子とも出会った。コーヒーショップでグアテマラの文字を目にする度、厳しいグアテマラの現実を思う。
[PR]
by sanaka-okamoto | 2017-07-04 18:44
<< 地域づくりの情報誌「かがり火」... 婦人之友。「遊べやすずめ」7月... >>