映画「蟻の兵隊」の主人公、奥村和一さんを偲んで。

 先日、映画「蟻の兵隊」(監督:池谷薫)の主人公、奥村和一さんの七回忌に、監督の声がけでこの映画を支えてきた人たちが集まった。監督が新潟県旧中条町(現胎内市)に出かけた時の墓参りの写真や、奥村さんが元気だった頃の姿――映画の撮影風景や大学での講演の様子――を見ながら故人を偲んだ。
 奥村さんと私は池谷監督の紹介で出会い、生前には映画のポスター写真をはじめ雑誌記事などの撮影で大変お世話になりました。戦争のむごさを伝えたいと、傷が残る身体や体内から取り出した鉄砲玉も撮影させてくださいました。奥村さんの意志を継ぎ、これからも「蟻の兵隊」の上映を続けていくと池谷監督。情報が入りましたら、またお知らせさせていただきます。
d0074731_1832912.jpgd0074731_18315321.jpg
d0074731_18312951.jpg

[PR]
by sanaka-okamoto | 2017-06-08 18:33
<< 6月23日は沖縄慰霊の日。映画... 静と動 >>