婦人之友5月号の「遊べやすずめ」はブラジル

ブラジルの男の子の遊びといえば、やはりサッカーだ。ご贔屓のクラブの応援に力を入れることも、彼らにとっては重要事項。路地裏でサントスFCファンの少年たちに出会った。サッカー観戦に出かける前に、応援の必需品であるサンバの楽器のひとつ「スルド」の練習をするという。間近で聴くそのドラムの音の迫力は凄まじく、思わず手で耳を覆いたくなるほどだったが、地元の住人たちは全く動じない。苦情も出ないという。彼らにとっては、愛着のある日常の音なのだろう。
d0074731_22511820.jpg

[PR]
by sanaka-okamoto | 2017-05-21 22:51
<< 季刊『のらのら』の連載「郷童」... ピアニスト。有森博のジャケット写真 >>