3・11東日本大震災から6年が過ぎて

原発事故に伴い全域に避難指示が出され、ふるさとを追われることとなった浪江の子どもたち。彼らの現在を季刊『のらのら』春号と『毎日小学生新聞』に掲載させていただきました。浪江教育委員会が「浪江のことを忘れないでほしい」と取り組んだ「セカンドスクール」の活動、d0074731_1743253.jpgそして、震災当時は合わせて580人の生徒が在籍していたものの、現在は8人となってしまった浪江小と津島小による「ふるさとなみえ科」の活動を紹介しています。活動の背景には、「今は帰れないふるさとだけど、浪江には素晴らしい宝物があることを忘れてほしくない」という先生方の願いがありました。d0074731_1745346.jpg
[PR]
by sanaka-okamoto | 2017-03-28 17:06
<< 『地上』3月号の「後継neo」... 今は中国の春節 >>