●季刊「のらのら」シリーズ郷童45回は「おじいちゃんは開拓民」です。

千葉県四街道鹿放ヶ丘は70年前、満州開拓に向かうために全国から集まってきた、14歳から17歳の元少年義勇たちの開拓によってつくられました。村の成り立ちは昨年ミュージカル「少年のつくった街」にもなりました。
鹿放ヶ丘には元少年義勇兵の人たちが40人住んでいます。一番若い人でも84歳。団結をはかってきた村の運動会、開拓団のご家族を紹介しております。
d0074731_23421583.jpgd0074731_23413275.jpg
d0074731_2341627.jpg

[PR]
by sanaka-okamoto | 2016-03-21 23:43
<< ●シリーズ「田園回帰」(農文協... ●月刊「地上」(家の光協会)グ... >>