明日から「岡本央が見た中国」展開催。準備

  吉野作造記念館 戦後70周年記念展
      写真家・「岡本央が見てきた中国
     期間:平成27年3月29日(日)—4月26日(日)
       場所:吉野作造記念館・企画展示室
          (宮城県大崎市古川福沼1−2−3)
       主催:岡本央展実行委員会
       共催:吉野作造記念館
       後援:(公社)日中友好協会、日本中国文化交流協会、
       大崎市、大崎市教育委員会、(株)テムジン(番組制作会社)
 <企画趣旨>
政治学者で大正デモクラシーの旗手・吉野作造は、ジャーナリストとしても卓抜した存在だった。明治39年から3年にわたり中国に滞在。中国の近代化、民主化にも強い関心を寄せ、建国の父・孫文との交流もあった。
 当記念館では戦後70年を記念し、また膠着状態が長らく続いている現在の日中関係の在り方を考える機会提供を目的に、長年中国を撮り続けてきた写真家・岡本央(さなか)の見てきた中国を、写真と各紙誌掲載記事を通して紹介する。
d0074731_11542250.jpg

 これまで岡本は、中国の子どもたちを撮った一連のシリーズ「ニイハオ小朋友(シャオポンヨウ)」を中心に写真展を開催してきたが、今回の記念展では中国へ出かけるそもそものきっかけとなった中国残留孤児・婦人問題をはじめ、  中国各地の少数民族の生活と文化、「タクラマカン砂漠」「黄土高原」の環境問題、「文学の舞台を巡る旅」など、中国にまつわる様々なテーマと向き合い、感じ、考えたことも写真と合わせて展示していく。今、岡本が願うのは日中の民間交流の発展と、一日も早い両国の関係改善だという。日中間の深いレベルでの相互理解を望み、中国の近代化・民主化へ惜しみなく支援を続けた吉野作造も今生きていたら岡本と同じ事を望んでいただろう。(実行委員会)実行委員。麻生晴一郎(ノンフィクション作家)、池谷薫(映画監督)、柴田昌平(ドキュメンタリー映画監督)、張春祥(新潮劇院代表)、小玉順子(NPOおおさき地域創造研究会事務局長)、中島源陽(オープンハートあったか理事長)、千葉義信(NPO笑顔のお手伝い理事長、中鉢孝男(岩出山高校同窓会会長)、田中豊男、小林惣太郎
d0074731_12205145.jpg

[PR]
by sanaka-okamoto | 2015-04-02 12:22
<< 「岡本央の見てきた中国」4月2... 教育新聞「円卓」コラムに掲載さ... >>