「哲学者 内山節の世界」が新評論から刊行。写真でかかわらせていただきました。

d0074731_2332513.jpg
帯には
「哲学は学問として学ぶのではなく、美しく生きるためにある
資本主義の限界があらわになったいまこそ日本の自然に眼差した日本独自の哲学が必要だ。難解な哲学用語を使わず、平易な日本語で語る内山哲学にこそ、私たちが未来に向かって美しく生きるためのヒントがある。

はじめの言葉では、この本の「かがり火」編集委員会の代表菅原歓一さんは
「いま日本は恐るべき速さで人口減少に向かっている。4000人以上の人口が減った社会がどんなものか誰にも想像ができない。私たちはこれからどんな社会を目指せばいいのだろう。少なくとも「経済成長」いういままでの延長線上で日本という国を想像することは困難ではないのか。100年先、200年先の国のありようを考える時に必要なのは政治学でも経済学でもない、科学でもなければ宗教でもない。日本の自然に根差した「美しく生きる」ための哲学ではないか。・・・・・。いまわれわれは歴史の上のどんな位置にいるのか分からない。ただ、昨日のように明日を生きるのは不可能だというは感じている。いまこそ内山節の思想を手掛かりにして明日の日本を考えなければいけないのではないか。
表紙、口絵を担当させていただいております。
d0074731_0405041.jpg撮影・岡本央
d0074731_0411498.jpg

[PR]
by sanaka-okamoto | 2014-08-03 00:26
<< 緑をつなぎ、笑顔をつなぎ、未来... 教育新聞「円卓」コラム。農村と... >>