「奇跡のお茶」地上8月号

銘茶の産地、静岡・春野町杉地区で
大規模な地滑りが起こったのは、
2年前の4月、一番茶の刈り取り直前だった。
崩れ落ちた土地での収穫はもう望めない。
ほかの土地でつくるにしても、
苗木から育てるお茶は、収穫までに7年ほどかかる。
とはいえ、いつまでもうつむいてばかりはいられないと
生産組合が知恵を絞って誕生させた商品が「奇跡のお茶」だ。
ネーミング通り、このお茶は生産者の思惑を超え、
不思議な力を発揮して奇跡をもたらした。
あれから2年。被災地を訪ねた。
                                      写真右。共同通信社
d0074731_2038858.jpgd0074731_20383381.jpg
[PR]
by sanaka-okamoto | 2014-07-10 20:40
<< 今月の対談写真 連載スタート。農協観光機関紙「... >>