連載スタート。農協観光機関紙「ふれあい」に自然と子ども


d0074731_055221.jpg田植え初挑戦の子どもたち。
パンツ一丁で、果敢に田んぼに飛び込んだ。
弾んで、駆けて、飛び跳ねて、
パンツもろとも、泥んこだ。
汚れなんて気にしない。
バシャバシャ泥を掛け合って、
いつの間にやら泥泳ぎ。
「泥んこ、気持ちいい!」
カエルがいたよ 」「オケラもいたよ 」
そうやって、五感で自然を感じ
命の大切さや生きる力を学んでいく。
そんな子どもが、一人でも増えてほしい。
いっぱい遊んだら、おいしいごはんが待ってるよ
(木更津社会館保育園にて)
[PR]
by sanaka-okamoto | 2014-05-08 18:30
<< 「奇跡のお茶」地上8月号 黄砂の源流。月間「地上」5月号 >>