38回「郷童」は牧場のきょうだい

「農業大好き」っ子が増えている
季刊『のらのら』には、そんな子どもたちがたくさん登場している。
d0074731_1220396.jpg連載「郷童」では、津山市のさくら牧場の子どもたちを紹介。
志帆ちゃんと憲人くんは
「さくら牧場の生き物は家族の一員である」
というお父さんの教えのもと、
子牛へのミルクやりはもちろん、
衛生面にも目を光らせ、牛小屋の掃除にも励んでいた。
今や牛を見ただけで病気まで見抜いてしまうほどの実力。
田んぼや畑で、おばあちゃんやおかあさんの仕事も手伝っていた。
もう一人前の働き手だ。
早く乗馬ができるようになって野山を駆けまわりたいという。
将来の夢は、獣医さん!
[PR]
by sanaka-okamoto | 2014-05-08 12:21
<< 39回「郷童」子ども文楽 銀杏・野菜の行商人。季刊「のら... >>