400年の歴史を持つ「焼畑」 地上11月号

d0074731_1394298.jpgd0074731_1391726.jpg湿気を嫌う温海かぶは、平坦な土地では腐りやすく、水はけのよい急斜面が栽培に適している。焼き畑によって雑草が除去され、病原菌も殺してくれる。枝葉の腐葉土を天然肥料とした無農薬、無肥料が実現するのだ。一度使った耕作地は三~五年間はなにも植えず、落ち葉などがよい肥料になるまで休ませる・・・・・
取材地
山形県鶴岡市一霞
五十嵐源喜さん
[PR]
by sanaka-okamoto | 2013-11-26 01:44
<< 教育新聞コラム「肖像権」 週刊金曜日「ナイジェリア・ラゴ... >>