感動した映画

いま「ちづる」という映画が話題になっている。ぴあの満足度調査によると、三谷幸喜監督の『ステキな金縛り』を上回り「ちづる」が一位に。
自閉症の妹を持つ兄(監督・赤崎正和)が描くドキュメンタリー映画。家族にとってははかり知れない葛藤なのだろうが、見終わった後、温かな余韻が残る。映画館を出るとき、まっすぐで純粋な気持ちになったのは何故か・・
以前見た知的障害者をテーマにしたフランスのドキュメンタリー映画と同じ感銘を受けた。
ポレポレ東中野と横浜ニューテアトルで上映中。12月からは全国各地で上映される。この映画の製作は、あの「蟻の兵隊」の池谷薫監督。ぜひ、ご覧ください。
d0074731_1322970.jpg
[PR]
by sanaka-okamoto | 2011-11-07 13:03
<< 「海に沈んだ故郷」について 2011年、夏、福島 >>