2011年、夏、福島

d0074731_20505531.jpgd0074731_20501919.jpg「地上」9月号の表紙にご登場いただいた菅野瑞穂さんの農場「あぶくま高原遊雲の里ファーム」を訪ねました。福島には人が寄りつかないという風潮の中、今も菅野さんのもとにはさまざまな人たちが集まってきます。訪ねた日も、大学生、ジャーナリスト、映画監督、放射能測定器の会社の方、浪江からの避難者、飯館村での除染活動の後に立ち寄った大学教授・・・。皆で採れたて野菜と流しソーメンをいただきながら、意見交換をしていました。父親の正寿さんは、放射能汚染の実態調査をしながら安全な農産物を提案していく「里山再生復興プロジェクト」を計画中。福島の農業の“道しるべ”とも言われています。参加した学生の中には、親の反対を押し切って福島に来たという人もいました。菅野さんが飯館村の農家から託され育てたという花を、皆で山頂の畑に摘みに行ったときに見た安達太良山は、本当に美しかった・・。
「『2011年。夏、福島』再生への助走」のタイトルで「地上」11月号(家の光協会)のグラビアで紹介されています。
[PR]
by sanaka-okamoto | 2011-10-22 20:53
<< 感動した映画 子ども剣舞 >>