「里山っ子たちが行く!」刊行のお知らせ

d0074731_1315963.jpg「農文協」より刊行されました。

崖をのぼり、藪をこぎ、丸木橋を渡り、薪でごはんを炊き、泥んこの田んぼをはね回るー
木更津社会館保育園の子どもたちを2年間半にわたって密着レポートした本です。
子どもを取り巻く環境環境がどんどん「清潔」で「均一的」になるなかで、
その対極をいくユニークな保育です。
「はだかと泥はこどもの原点」
「危ないが子どもを賢くする」など
宮崎栄樹園長のコラムもたくさん入ってます。
文章は長年、教育をテーマしているライターの齋藤道子さん。
書評。「NHKブックレビュー」「母の友」「望星」「サンデー毎日」「週刊金曜日」「教育新聞」など
で紹介され話題となっております。d0074731_1102014.jpgd0074731_9524593.jpg
[PR]
by sanaka-okamoto | 2010-03-09 13:15
<< ネットで中国の子どもたち ニイハオ小朋友 >>